ガジェット

1Password を iOS のブラウザから使ってみる

投稿日:

今や必須のパスワード管理ツールと1Password

最近、色々なネットワークサービスを様々なデバイスで使うことが多くなり、必要になってきたのがパスワード管理ツールです。

1Passwordは Windows/MacOS/iOS/Android とMunackyが使用するデバイスのほとんどをサポートしています。

パスワードを登録して、環境さえ整えておけば、どのデバイスからも同じようにネットワークサービスが使えます。

また、パスワード管理だけでなくパスワード生成もできるので、最近使用を始めたネットワークサービスに関してはパスワードを覚えていません。1Passwordがなくなったら、困ること間違いなしですが、パスワードを使いまわすリスクを考えるとパスワード管理ツールに依存する方がリスクが低いとMunacky は考えています。

スマートフォンアプリの連携の難しさ

スマートフォン向けのOSについては近年のセキュリティに関する要件から、プロセス空間やストレージはアプリケーションごとに分離され、アプリケーション連携は OS の用意したフレームワークでのみ行われます。

パスワードマネージャはその性格上からブラウザなどほかのアプリと連携しなければなりません。しかしながら、アプリケーションの連携方法がOSごとに異なるためiOSとAndroidで同じアプリケーションなのに操作方法が変わってきます。

今回は iOS 版の 1Password を Chrome などほかのアプリケーションから使用する方法を紹介します。

App Extensionとして実装されているiOS 版 1Password

iOS版では一般的なアプリケーション連携(App Extension)として実装されています。

例えば、小田急のロマンスカークラブを例にします。ログイン画面でブラウザのメニューボタンを選択します。

メニューから共有アイコンを選択します。

共有画面で共有先のアプリや連携先のアプリが表示されます。最初は1Passwordが一覧に無いため、その他を選んでアプリケーション一覧を表示します。

アプリケーション一覧から「1Password」を選択して「完了」を選択して戻ります。

この作業は最初の1回だけ実施する必要があります。

アプリケーションの一覧に 1Password が出てきました。1Password を選択します。

1Passwordが起動して、指紋認証を行います。

指紋認証が終わると候補となるサイトが表示されるので、サイトを選びます。

ブラウザに戻ると、ユーザー IDとパスワードが入力されているので、ログインボタンを選択してログインすることができます。

次回は Android でのやり方を紹介したいともいます。

-ガジェット
-,

Copyright© ライトノベラー、自転車に乗る , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.