自転車

自転車の前照灯あれこれ

更新日:

通勤などで夜にスポーツ自転車で走る場合に頭を悩ませるものの一つに前照灯があります。

前照灯とは文字通り「前を照らす灯」のことです。

前照灯の法的な要件

前照灯と尾灯については各都道府県の道路交通法施行細則で要件が定められていて、その要件を満たしている必要があります。以下は東京都の細則です。

(軽車両の灯火)
第9条 令第18条第1項第5号の規定により軽車両(牛馬を除く。以下この条において同じ。)がつけなければならない灯火は、次に掲げるものとする。
(1) 白色又は淡黄色で、夜間、前方10メートルの距離にある交通上の障害物を確認することができる光度を有する前照灯
(2) 赤色で、夜間、後方100メートルの距離から点灯を確認することができる光度を有する尾灯
2 軽車両(自転車を除く。以下この項において同じ。)が、夜間、後方100メートルの距離から道路運送車両の保安基準(昭和26年運輸省令第67号)第32条第1項の基準に適合する前照灯で照射した場合に、その反射光を照射位置から容易に確認できる橙とう色又は赤色の反射器材(後面の幅が0.5メートル以上の軽車両にあつては、両側にそれぞれ1個以上)を備え付けているときは、前項の規定にかかわらず、尾灯をつけることを要しない。
3 自転車が、法第63条の9第2項本文に定める反射器材(後面の幅が0.5メートル以上の自転車にあつては、両側にそれぞれ1個以上)を備え付けているときは、第1項の規定にかかわらず尾灯をつけることを要しない。

つまり、前照灯は「夜間、前方10メートルの距離にある交通上の障害物を確認することができる」必要があります。

JIS規格における前照灯の要件

一方で、前照灯の製造に当たり、JIS規格において前照灯の要件が細かく定められています。
道路交通法の要件だと、アバウトすぎるので製造者側の観点から必要な要件を結構細かく指定しています。例えば、「6.1前照灯の光度及び光線の色」などに以下のように定められています。

測定点 A の光度値は,400 cd 以上であり,かつ,前照灯の最大光度値 Imaxの 80 %以上でなければならない。

前照灯の選び方

人によりますが、前照灯の選び方としていくつかのチェックリストがあり、自分のポイントしては以下のようなものです

  • 電池式か充電式か
  • 使用条件に適合する十分な明るさがあるか
  • ライトのマウントが別売りされているかどうか

乾電池式か充電式か

昔はほとんどが電池式でしたが、最近はリチウムイオン電池搭載のものも増えてきました。性能的には充電式のライトの方が高いことが多いですが、乾電池式のメリットもいくつかあります

  • 出先で電池が切れかかっても、入手が比較的容易。もしくは予備の電池を持ち歩くことができる
  • 性能の割に価格が安いモデルの方が多い

電池式のデメリットはいくつかありますが、個人的には「明るいライトを選ぶと大きくて重い」が一番きついかなと思っています。乾電池式の明るいライトの代表選手はキャットアイのエコノムフォースですが、そこそこの大きさで227g あります。

充電式のベストセラー VOLT800 だと電池込みで140g なので、ほぼ半分の重量になります。なお、体積は1/3倍程度になります。値段は倍ですが。

充電式では最近はモバイルバッテリーが普及してきたので、昔ほど出先での電池切れが致命的では無くなってきました。

使用条件に適合する十分な明るさがあるか

予算が許せば、基本的には明るいライトを買えば、問題はありません。というのも、明るいライトではほとんどのモデルでローモードが用意されているため、明るすぎて困ることはありません。

とはいえ、トップモデルの VOLT1700 は深夜の山道を走るので無ければかなりのオーバースペックなのでここまで必要な人は少ないのではないかと思います。

一方で街灯のある町中しか走らないのであれば、CAT EYE Uno という選択肢もあります。こちらは電池込みで73gというかなりの軽量級です。

ライトのマウントが別売りされているかどうか

自転車を複数台所有していると1つのライトを複数の自転車で共用する必要が出てきます。そこでライトのマウントだけ入手できれば複数の自転車で使い回すことができます。
CAT EYE のマウントはほぼ全てのライトで共通化されており、なおかつAmazonなどでも手軽に買えるので、この観点で言うと CAT EYE が圧倒的に強いと思います。

なんか、CAT EYE の宣伝みたいになってしまいましたが、Munacky は CAT EYE をお薦めします。適正なライトを選択して、安全な自転車ライフを。

-自転車

Copyright© ライトノベラー、自転車に乗る , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.