ラノベ感想

「人狼への転生、魔王の副官 11 英雄の子」感想

投稿日:

表紙の女性はファスリーン王妃とワジャル公アマニさんです。あと、人外の人が一人。ようやく最新刊に追いつきました。

あらすじ

ヴァイト編クライマックス!
国王と沿岸部の諸侯の対立を解決するため南の国に渡ったヴァイト。
様子のおかしい傭兵隊隊長ザカルを見張っていたところ、奴は「ヴァイト」の名を語って国王を呼び出し殺害、証拠隠滅のために死体を井戸へと投げ捨てた。
国王が行方不明となり国中が混乱するなか、ザカルは国を自分のものにすべく隊を王都へと置き功績を上げようと画策する。
そんな強欲の化身ザカルの狙いをわかっていたヴァイトは全力で邪魔することに……。

大幅加筆&書き下ろしストーリー「ミラルディア四英雄とクウォール諸侯会議」「副官クメルクの英雄論」の2本を収録!

みどころ

とうとう、「人狼への転生、魔王の副官」シリーズ本編の最終巻です。

クォール国編も完結です。ヴァイトくんによって次第に追い詰められていくザカル隊長。そして追い詰められながらも起死回生を狙うザカルさん。物語はザカルさん手動で転がっていきます。

前半の2/3がクォール王国、残りの1/3がヴァイトくんの子供の誕生のエピソードとなっています。副題の「英雄の子」と言うのはヴァイトくんの子供のことですね。

あと、ようやくクォール王国の地図が着きました。ちょっと嬉しい。

只者じゃないベルーザ陸戦隊隊長グリズ

10巻からヴァイトくんの副官のような役割になっているベルーザ陸戦隊の隊長グリズさんですが、10巻でも大活躍です。世紀末ヒャッハーなモヒカンスタイルのグリズさんですが、意外と常識人で、料理にかける情熱は本物です。

グリズさんのギャップ萌えに胸キュン?

追い詰められていくザカル隊長

ザカル隊長は有能なだけあって、ヴァイトくんには先が読みやすいようで、どんどんと外堀を埋められていきます。

しかしながら、そこは我らが隊長ザカルさん。ヴァイトくんに外堀を埋められながらも奮闘しながらお話を続けていきます。自分はこのザカル隊長に肩入れしてしまったようで、涙を流しながら外堀を埋められていくさまを眺めていました。

下克上、いいのになぁ。

久々の血沸き肉踊るヴァイトくん

ここしばらく、ヴァイトくんが無茶をすることもなく、ザカルさんの外堀を埋めていくお話が中心だったのですが、クォール編の最後で魔族相手に大立ち回りですよ。

なんか、読んでいて体温が2度くらい上昇するような高揚感に包まれます。ヒャッハー、細けえことはいいんだよ〜。

何はともあれ大団円

9巻も大団円だったのですが、11巻も本編の最終巻だけあって、大団円です。
アイリアさんのお産が難産で、ぶっちゃけクォール王国編の中で一番ハラハラしながら呼んでいました。

最終的にこの作品らしく、明るく前むきに終わります。

「やっと会えたな 、フリ ーデ 。君のお父さんだよ 。父親になるのは初めてだからお手柔らかに頼む 」

ああ、自分はこの場面を見るためにこの長いお話を読破してきたのだなと思わせる美しいシーンです。ああ、本当に読んできてよかった。

12巻以降は外伝ということでフリーデの目線で物語が進んでいきます。Web版と同じ構成ですが、あとがきによるともっとエピソードを膨らましていきたいということなので、俄然期待が持てます。

-ラノベ感想
-, , ,

Copyright© ライトノベラー、自転車に乗る , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.