ガジェット 自転車

自転車で音楽を楽しめる Polk Audio Boom Bit

投稿日:

前々から、自転車に乗ったり、ジョギングをしながら音楽を聴きたいという欲求がありました。

ジョギング用のイヤホンなど試してみたのですが、外の音が入ってこなくなってしまい、結構怖い思いをしたこともありジョギングなどもイヤホンなしでやっていました。

外部の音も拾えるというデュアルリスニング機能を掲げている Xperia Ear Duo を使えば自転車に乗っていても実用上の問題はないのですが、交通安全週間などで警察の方に呼び止められると、申し開きが面倒くさいです。

色々と考えた挙句、iPhone をハンドル上のホルダーにつけて本体スピーカーから音を出して聞いていました。

ただ、この方法だと他の人にも音がまる聞こえなので、人混みだとちょっと恥ずかしい。

そんなわけで見つけたのが、クリップ式の小型 Bluetooth スピーカーの Polk Audio Boom Bit です。こいつの特徴は見ての通り襟元などにクリップ式でつけられるので、すごく小さい音量でも聞き取れます。

初回設定

初めから充電された状態で出荷されているので、いきなりスイッチオンでペアリングが始まります。
電源をOnにするには音量のプラスボタンとマイナスボタンを同時に2秒以上長押しします。

iPhone の場合は設定からBluetoothを選んで、「Polk boom bit」を選択すると自動的に接続され、設定が完了します。

独特の操作感とわかりやすいマニュアル

日本語化されたマニュアルが付いています。本体のボタンの数を少なくするため、結構特殊な操作を覚えないといけないので、マニュアルは捨てずにとっておくのが良いようです。

そして、使用上の注意を読むと、なんと、水滴がかかるところで使わないでくださいとのこと。
見た目は防滴っぽいのですが、そうではないようです。残念無念。

USB Type A 端子による充電

充電には USB の Type A コネクタが付いています。

壊れにくくて良いのかもしれませんが、充電用のUSBアダプタに直で刺す必要があります。自分の場合は5ポートのUSB充電器を使っているのですが、こいつを充電するためにケーブルを引っこ抜いて、これを刺してその結果上下もふさがってしまうので、ちょっと使いずらいです。

仕方がないので、Boom Bit 専用の USB 充電器を割り当てました。

USB Micro か Type C 端子の方がよかったなぁ。

実際に装着して使ってみる

自転車に乗ることを想定して、実際にどこに装着するのか考えてみます。襟元か、カバンのどこかにつけるのですが、胸の前、肩、首筋と試してみて、一番具合が良かったのが首筋でした。

胸の前につけると、少し距離があるせいかボリュームを比較的大きめにしないと聞こえない問題があります。「これなら、スマホの本体スピーカーでいいじゃん。」となり、買った意味がありません。また、リュックの肩のストラップにつけると左右のバランスが崩れる問題があります。後ろ側の首筋につけると音が後ろから来るので前や側面からの環境音の邪魔をしないので、自転車を運転する身からするととても都合がいいです。

音質とか

まあ、小さいスピーカーだけあって、音質や定位に関してはあまり期待していなかったこともあり、それほど不満はありません。っていうか、ステレオスピーカーかどうかも怪しい気がしています。

振動板がツイーターくらいの大きさだけあって、低音はあんまり出ませんが、中音域は丁寧に出していて、女性ボーカルは結構聞き取りやすいです。

まとめ

最長再生時間が3時間というのを長いとみるか、短いとみるかで評価が分かれると思いますが、比較的安全に恥ずかしくない範囲で音楽を聴きながら自転車に乗るソリューションとしてはかなり良くできていると思います。

ハンドルにスマホのホルダをつけて、音楽を再生すると、どうしても音が前から入ってくるので、運転中に聞こえて欲しい音を遮断してしまいがちなのですが、Boom Bit を使用して首筋の後ろ側に設置することによって運転に支障をきたさない範囲で音楽が聴けるのはとても嬉しいです。

長時間のサイクリングなどには不向きかもしれませんが、往復で 1~2 時間程度の自転車通勤にはとても有用なガジェットだと思います。

-ガジェット, 自転車
-,

Copyright© ライトノベラー、自転車に乗る , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.