ガジェット

iOS12で 1Passwordを使う

投稿日:

まだ、1Password を引きずるのかとお叱りをいただきそうな感じですが、iOS を12にしたら、1Passwordがもっと快適になって感激してしまったので、紹介します。

iOS 12 の新機能

iOS12からパスワードマネージャとの連携機能が追加されました。従来のパスワードの入力は iCloudのキーチェインだけだったのですが、iOS12 からはサードパーティのパスワードマネージャとの連携機能が追加されました。

Munacky は iOS や Mac OS 以外にも Windows や Android などを使っている関係で、1Password を愛用しています。

1Password を使う準備

アプリケーション連携が絡む部分なので、セキュリティの観点から事前の準備はユーザーが行う必要があります。

まずは、iOS と 1Password を最新版にします。

「設定」アプリを開き、下の方にスクロールして「パスワードとアカウント」を選択します

「パスワードとアカウント」画面で「パスワードを自動入力」を選択します。

「パスワードを自動入力」画面でパスワードマネージャが一覧されるので、「1Password」を選択します。

「1Password」の設定画面が表示されるので、「Auto-Copy One-Time Password」をオンにします。

これで、1Password を他のアプリケーションから使用する準備ができました。

1Password を使う

次に、実際に 1Password を使ってみます。例によって、Web Odakyu のサイトです。

Web Odakyu のサイトでは会員番号を選択しても特にパスワード入力モードにはなりません。これは Web サイト側の問題らしく、iOS が User ID の入力欄と認識していないようです。

パスワードの入力欄を選択すると、キーボードの上端に「パスワード」ボタンが表示されるので、それを選択します。

パスワードの入力元を選択する画面が表示されるので、「1Password」を選択します。

1Password の認証画面が表示されるので、各自の好きな方法で認証をクリアします。自分は iPhone7 なので、指紋です。

認証画面で認証が成功すると、1Password で候補となるアカウントの一覧が表示されるので、該当するアカウントを選択します。

会員番号とパスワードが入力されました。

iOS 11 ではアプリケーション連携を使用してなんとか頑張っていた 1Password ですが、iOS12 で OS からパスワードマネージャがサポートされるようになったのでぐっと使いやすくなりました。1Password を使用しているユーザーは iOS12 にしない手はありません。

パスワードマネージャを上手く使用すれば人生が豊かになりますよ~。

-ガジェット
-,

Copyright© ライトノベラー、自転車に乗る , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.