ガジェット

Android のアプリから 1Passwordを使う(キーボード編)

更新日:

パスワードマネージャのメジャーどころの 1Password を使い倒す記事の続きです。

Android 上での 1Passwordとアプリケーションの連携方法

iOS では 1Passwordとアプリケーションは App Extension で連携していました。一方で、Android OS では2つの方法で連携することができます。

  • 1Password キーボード
  • スマートアシスト機能

この記事では 1Passwordキーボードでの連携方法について説明します。スマートアシスト機能については次回の記事で紹介する予定です。

アプリケーション連携のカラクリ

Android では 1Passwordは仮想キーボード機能があり、仮想キーボードでユーザー IDとパスワードを入力することができます。
1Passwordはサイトの情報を読み取り類推されるサイトをリストアップし、ユーザーはサイトを選びます。あとは 1Passwordキーボードを使って1Passwordに登録されているユーザーIDとパスワードを簡単に入力することができます。

システムのキーボードに 1Password を追加する

Android ではインストールされているキーボードをユーザーが使えるようにする必要があります。1Passwordをインストールすると、1Passwordキーボードもインストールされますが、ユーザーが設定画面で使えるようにする必要があります。

以下の手順で追加することができます。

設定画面を開き、「システム」を選択します。

システム画面で、「言語と文字入力」を選択します。

言語と文字入力画面で「仮想キーボード」を選択します。

仮想キーボード画面で「仮想キーボードを追加」を選択します。

キーボード一覧が表示されるので「1Password」をオンにします。

これで、1Passwordキーボードが使えるようになりました。

1PasswordキーボードでユーザーIDとパスワードを入力する

次に、Chrome でユーザー ID とパスワードを入力してみます。

またしても小田急のサイトを例にしてやってみます。まずはキーボードボタンを選択して、キーボード一覧を表示します。

キーボード一覧で 1Password に切り替えます。

「ABC」ボタンを選択してアルファベット入力に切り替えます。

1Password アイコンを「長押し」して、ロック解除画面を表示します。

指紋やパスワードを入力してロックを解除します。

候補サイトが表示されるので、サイトを表示します。

入力するフォームを選択すると、「ユーザー名を入力」ボタンを「パスワードを入力」ボタンが表示されるので、ユーザーIDの入力欄を選択して「ユーザー名を入力」ボタンを選択します。そうすると、ユーザーIDが入力されました。

同様にパスワードの入力フォームを選択し、「パスワードを入力」ボタンを選択するとパスワードを入力することができます。

iOS版に比べると若干の手間がかかりますが、アプリを切り替えてコピー&ペーストするよりは格段に簡単に入力することができます。

実は、スマートアシスト機能を使用すると、iOS版と同じように連携することができるようになります。こちらについてはまた次回の記事で紹介する予定です。

-ガジェット

Copyright© ライトノベラー、自転車に乗る , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.