ラノベ感想

私、能力は平均値でって言ったよね!7巻

更新日:

ようやく最新刊までたどり着きました。何とアニメ化企画進行中とのことです。

あらすじ

公式より

マイルと『赤き誓い』が七変化!? レーナもデレます♪

異世界に転生した少女マイルは最強の魔法剣士となり、彼女たち『赤き誓い』の少女4人は大活躍を続けていた。
その彼女たちに懐いていた獣人の幼子ファリルが、謎の組織に攫われてしまった。
マイル達『赤き誓い』と少女5人の冒険者パーティ『女神のしもべ』は協力して、ファリル救出に動き出す!
そこで出会った驚愕の敵とは!?
人気シリーズ最新巻!アニメ企画進行中!

見所

今回も、テレビアニメよろしく、細かいエピソードをつなげることによって、ストーリーが進行していきます。アニメ化企画も進行中とのことですが、この作品はアニメ化との相性はとても良さそうに思えます。

公式の発表を楽しみに待つことにします。

謎の誘拐団

前回の最後にさらわれたファリルちゃんを救出するお話です。このお話で一番気に入っているのが、パーティ「女神のしもべ」の戦闘描写です。

「女神のしもべ」はCランクパーティなのですが、個々の戦闘力では「赤き誓い」に及びません。しかしながら、リーダーを中心に息のあったチームワークで無難に敵を倒していきます。FUNA 先生はこの辺りの戦闘描写が上手なので、いい感じに説得力があります。

そして、最後にデレるレーナが可愛い。

リートリア2

病気が治った後のリートリアさんのその後のお話です。

それにしても、リートリアさん元気になりすぎですよ…なんて得物を振り回しているんですか(笑)

マイルと女神のしもべのリーダー、テリュシアさんの軽妙な掛け合いは読んでて楽しいです。

そしてラストのリートリアの父親、オーラ男爵の心の叫びが切なすぎる。

7つの顔の女だぜ!

時代劇的なストーリー展開ながら先を読ませない展開で、7巻の白眉と言ってもいいエピソード。

赤き誓いが盗賊退治を行う話です。当然赤き誓いが盗賊たちに遅れをとることはありませんので、読んでいる側からすると水戸のご老公一行か旗本の三男坊が旅をしているかのような安心感があります。

書いていて気が付いたのですが、「私、能力は平均値でって言ったよね!」の作劇が時代劇と同じような構造をしています。

  • 主人公がほぼ無敵の力を持っていることが読者に公知のものとして共有されている
  • ほぼ、無敵の主人公が自分の身分を隠して一般的な旅人になりますます
  • ところどころピンチはあるものの、逆転劇で敵を圧倒する
  • ある程度のベタなお約束を許容しつつも、意表をつくストーリーを用意して読者を楽しませる

特に、最後の項目がこの作品のポイントかなと思っています。自分も時代劇好きなんで...

悪役令嬢婚約破棄物語

婚約破棄ものというジャンルが存在するかはわからないのですが、メーヴィスの婚約話が来て、赤き誓いのメンバーが協力して婚約を破棄させるわりと良くあるお話です。

割と良くあるお話なのですが、流石はFUNA先生、なかなかに展開が読めず、何度か意表を突かれました。

そして、メーヴィスさんはいい人で、全然悪役令嬢なんかじゃありません。じゃあ、タイトルの悪役令嬢って誰なん?と思った方は是非7巻をチェックしてみましょう。

書き下ろし「頑張れマレエットちゃん!」

実は1巻の感想を書いているときは7巻を読んでませんでした。その時、マレエットさんのその後を見たいなあとか、ブログに書いてたら、既にありましたよ orz

学校で教鞭をとる(?)マレエットさんです。

こういう、あの人は今、的なエピソードがあると、皆さん元気にやってるんだなぁと嬉しくなってしまうのと同時にその世界線の生活感みたいなものがリアルに感じられて素敵です。

アニメ化の行方が気になるところですが、なろうの連載もペースを落とさず頑張っているFUNA先生を応援しています。

-ラノベ感想
-, ,

Copyright© ライトノベラー、自転車に乗る , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.